特集コーナー 話題のV-Drumsで騒音フリーへ

V-Drumsなら騒音を気にせずにドラムを叩ける

投稿日:

何かと話題なV-Drum
 

V-Drumはいまや、ニコ動やYoutubeなどでも話題となっています。
増してやレコーディングやDTMでも生ドラムのニュアンスを出せるわけですから重宝するわけです。
多くの人がDTMでは、打ち込みやサンプラーなどを多用していることだと思いますが、
なかなか生ドラムを表現するには困難であることを承知していることでしょう。。

だったら自分で叩いて・・・と思うわけですが、ドラムをそのまま叩くには防音が重要です。
ましてやマンションやアパート、集合住宅に住んでいる方はドラムを叩く事は不可能でしょう。

そこで重宝するのが、話題のV-drumというわけです。
アンプからでも音は出せますが、ヘッドフォンで演奏可能なので、お気に召すままに活用できます。
そしてMidiとのリンク機能が搭載されているタイプを買えば、レコーディングに流す事が可能です。

ドラマーはもちろんのこと、ベーシストやギタリストの方も購入率が上昇中。
今回はそんなV-Drum特集を開設してみましたよ。

 

V-Drumが売れてる理由
 

それは第一に生ドラムをトラックに取り込めるといった理由が挙がるようですね。
人間味を出すにはやはり、機械ではシュミレートはできますが、100%の表現は不可能です。
人間的なズレがDemoのクオリティーを挙げるというわけです。

特にバンドサウンドを作っている方にとっては、やはり必須といえるかもしれません。
スタジオに入って、ドラム録音をするにもマイキングといった困難な壁にぶち当たります・・・。
これが最も厄介で、せっかく素晴らしいドラムだったものの、いざ帰ってトラックに入れたら・・・
と後悔した方も多いのでは?
だからこそMidiでトラックに流して、万全な形で自宅録音をV-Drumでやってしまえば、
完全なるトラックが生み出せるというわけなのです。

パラ出しなど、しっかりと拘りさえすれば、納得のドラムトラックができることでしょう。

それから番外編として、ストレス発散用にV-Drumを買う人が増えているようです。
その流れでDTMでも・・・という傾向にもあるようで、必ずしもドラマーが買っているわけではないようです。

V-Drumラインナップ
 

スポンサーリンク

それでは現状のV-Drumラインナップを紹介していきましょう。
やはりメリットがあるので、それぞれ高額ですが、買ってしまえば一生ものです。
ポイントとしては、当然の様に機能面に長けているタイプを購入する事ですね。
売れ行きとしても、やはり高額なタイプの方が売れているようです。

TD-3KW-S

スタンダードなV-drumとなっています。最も売れているタイプとなっています。
今ならキャンペーン中でイス、ペダル、ヘッドフォン付属。

TD-9IS-DX/WT

ドラマーの声を取り入れて作られた、よりドラムに近づいたV-drumです。
音質にもこだわりがあり、これがあれば、完璧な音で演奏可能。

以上2点がよく売れているようです。
しかしながら、V-drumでなくともYamaha製の電子ドラムも売れているようで、
正にRolandとの2強争いが展開されているようです。

下記に現状で発売されている電子ドラムリストリンクを置きましたので、
購入を検討している方は是非とも参考にしてみてください。

現状の電子ドラムリスト

 

電子ドラムが買えないなら・・・
 

さすがに電子ドラムは購入できないけど、実際に叩いて音源を流したいと思っている方にもオススメがあります。
それは電子パーカッションというもので、Midiリンクが付いており、小型化されたものです。
パッドとなっており、実際にスティックや手などで打ち込むことが可能となっています。

どうしても生にこだわりたいという方にとっては、これが最終手段といえるかもしれませんね。
音源はドラム音源ソフトを使っており、それぞれのメリットで選ぶ事が可能です。
下記にリストを置きましたので、ぜひ参考にしてみてください。

電子パーカッションリスト

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-特集コーナー, 話題のV-Drumsで騒音フリーへ
-

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.