「 ミックス 」 一覧

確かな依頼をするために必要なポイントとは

どのような内容でミックス・マスタリングをするのかという説明がされるかという事も重要になります。今はほとんどインターネットでの情報が主役になっています。ですので、そこで掲載されている内容にも注目したい所です。言い換えれば、会社概要とも言えます。

いざ依頼となると、色々と不安・・・

いざ、ミックス・マスタリングを請け負ってくれる専門会社に依頼し、完成した音源を聴きます。一般的に販売される原盤と同じになりますので、スタジオで聴くよりはプレイヤーで聴く方が良いそうです。この完成された原盤を聴いた際に「納得」というものが過ぎります。

プロの手であなたの音源が光り輝く

音楽は今も昔も変わらずに、我々の生活に欠かせない音の一部になっています。音楽は人の心を繋ぎ、安らぎ、そして成長していく変化性のあるものだと言えます。

ステレオファイルのPANをもっと広げたい・・・

ギターのバッキングトラックを通常左右に振り切ってしまうのが一般的ですが、様々な目的などを考えて、例えばPANを両サイドとも50%どまりでミックスを進めて、更に作業の効率化の為に、バウンスしてひとつのファイルにしてしまったとしましょう。

役立ちテクニックと呼べるかどうか・・・汗

ここではミックスやマスタリングに役立つテクニックを紹介したいと思います。
テクニックとまではいかないかもしれませんが・・・w

必ず16Bit 44.1Khzで作業すること!

大抵ミックスでの作業は、24Bitなどの高音質で作業している人がほとんどだと思います。ミックスダウンで、一つのデータとして書き出す際にあなたはサンプリングレートをどのように設定していますか?

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.