モニタースピーカー特集 特集コーナー

OPAL

投稿日:2011/04/30 更新日:

もっと詳しく知りたい>

EVENT社のOPALは『歴史の残る驚愕の名品』とまで言われるほどのモニタースピーカーです。
音楽制作において一番大事なのはモニター環境と言われますが、最近のモニータースピーカーについては、個性的な音質を出せるものは多くても、わかり易すぎて面白みにかけるものが多いような気がします。
そんな中で、OPALはどのような性質を持っているのでしょう。比較的大きめの203mmで、全体的にしっかり作りになっています。
重さも21.2キロとかなりどっしりとしています。
重たいと持ち運びに不便ですが、取ってが丈夫についているのも便利です。
どっしりとした風格が音質の特性を難なく引き出してくれることも期待できます。
2年研究開発されたと言うだけあり、安っぽさが感じられないのもOPALです。
また、研究開発に2年間かけたかけたこと、リリースいいたるまでのすべてにおいて、OPALについてはEVENT社の社長ピーターフリードマンまでもが満足しているという一品。
まさにOPALはレコーディングアーティストやエンジニアに独創的なレファレンスのもにタースピーカーが誕生したとまでいっています。

 

繊細でありながらも迫力あり!
 

OPALは歪みを最小限に抑えながらも、非常に繊細でダイナミックな音を再現できる8インチ2ウェイスタジオモニターです。EX8ドライバーは30Hから10kHzまでの生のレスポンスを得る事ができますし、1000Wの高出力まで対応できる優れ物です。
またドライバーレスポンスですが、EVENT社C1OILテクノロジーはレスポンススピードを向上させて、さらに特注である、グラスファイバーコーンは36mmの振動幅を可能にしました。
ということは、このクラスではありえないほどの低域を出力する事ができ、中域の再現性を高めてくれます。
また、中域については、非常に繊細で高いレベルのハイスピード低域を出力できます。
高域の出力については、強力なネオジウムモーターと軽量でハードなべリリウム銅を組み合わせることで、明瞭な高域を出力できる事に成功しました。この、高域用ウェーブガイドに搭載されたツイーターは優れたサウンドとステレオイメージを生み出すことができます。
ウェーブガイドは取り外しができ、回転させると、横向きにマウントした時にも高い再現性を維持できます。

 

スポンサーリンク

OPALの魅力
 

魅力として、OPALのキャビネットは強度を保つためにアルミニウムから成型されていて、ディフラクションを軽減する複数半径構造を使用しています。
こうすることで、本体の構造からくる音響特性による影響も最小限にできます。
また、小さめのスタジオでセッティングしても圧倒的に低域には迫力があり、ラージスピーカーを近くで聞いているような感覚があるようです。
多少低域のコントロールをしても、十分に低域は迫力があります。これはコントロール類の設定が低域を中心にしている為の特徴です。
低域を出しぎみして録音をすると、大抵のモニタースピーカーはひずんだような音になったり、無理を感じさせるような音になってしまいがちですが、OPALはそのような違和感がまったく感じられないということも見事です。
最近の価格控えめのモニタースピーカーは、自宅環境を意識して作られている物が多くなってきていますが、OPALに関して言えば、大きなレコーディングスタジオでも十分に対応できると思います。
OPALの最大の魅力は大型スタジオでも余裕で鳴らすことのできる低域レスポンスに優れていることです。
初めて使用した時には低域が出すぎでは?と感じる方もいるかと思いますが、その後ありはスピーカーの置く位置を考えてみるとバランスがよくなります。
特に、低域が好きな人にはOPALは必要不可欠となること間違いなしです。

~このスピーカーの情報~

もっと詳しく知りたい>

もっと詳しく知りたい>

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-モニタースピーカー特集, 特集コーナー
-,

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.