モニタースピーカー特集 特集コーナー

NF1A

投稿日:2011/04/30 更新日:

もっと詳しく知りたい>

音楽関係者、例えばミュージシャンやエンジニアをしっかりとサポートするスタジオモニタースピーカーです。原音の低域から高域に至るまで超高速レスポンスで高精度再生を可能にしました。
NF1Aはリファレンス性能を圧倒的に獲得したNF-1の『ニアフィールド思想』にあくまでも忠実に再現され誕生しました。
あくまでも音源に対して忠実であること、アンプ部を含めトータルモニタリングシステムとして完結させる設計がNF1Aの一番の特徴です。
NF-1専用にチューンナップされたBi-AMPの理想的スピーカー駆動回路を装填した事で、今までのパワードモニターにありがちな人工的に作られた低域、高域操作から脱却できました。
プライベートスタジオ、外部スタジオのコントロールルーム、マスタリングルームでの最終工程までを瞬時にセットアップできるのもNF-1Aの特徴でもあります。
このような特徴がある事から、『トータルNF-1モニターシステム』とまで言われるほどです。
余分な共振をおこしやすいアンプ部とエンクロージャー・リアの間に精神処理を施しました。
さらに、電源トランスの防振マウントも行ない、万全の制振構造を採用しています。

 

素晴らしいレスポンスと透明感
 

NF1Aは高域の解像度が優れたモニタースピーカーである事は言うまでもありませんが、強大な音圧にも不要な音を発生させないクリアな原音再生能力もあります。
低域と広域を超高速レスポンスで再生できるだけあり、先進のHPダイアフラムを採用した、16㎝ウーハーを搭載しています。
今まで使用されてきた、ストレートコーン型16㎝ウーハーとは桁違いに重量感溢れる低域をハイスピードで再生します。
エンクロージャーに関してはタイムアライメントを追求し、ウーハーやツイーター、バスレフポートを集中的に配置させ、優れた若こう特性を達成したのもNF1Aの特徴です。
特に音源の音色を大音量再生が求められる場合、音が歪まないことをテーマとし、電源部についての性能も徹底的に追求しました。
他のスピーカーと比べると特にわかるのが解像度と低音のでかたも桁違いと言うことです。
240Wx340Hx320Dmmと大きめだからなのか、しっかりとした大音量が再生できます。
高域再生能力についてもNF-1と同等のUFLC振動板ソフトドームツイーターを採用している事から、次世代レコーディーングに対応できる、理想的な再生能力を備えています。

 

スポンサーリンク

NF1Aの魅力
 

音楽に関する仕事には欠かさず登場してくるNF1Aはどのような魅力があるのでしょう。
どちらかと言うと自宅で録音する機材として使用するよりも、大きなスタジオ向きといった感じガ強いような気がします。
しかし、パワードモニターの設置場所は実に様々であるのにたいして、NF1Aは多機能フィルターを搭載している事でどのような条件のスタジオや設置場所にも対応できるのが魅力のひとつです。
また効率的な補正能力を保つためにクロスオーバー周波数は5kHzに設定されていたり、XLRタイプとフォーンの入力を備えてあらゆるコンソールモニター出力に対応可能なのも音楽専門家が飛びつく魅力のひとつなのかもしれないです。
NF1Aが音楽専門のエンジニアやミュージシャン御用達である理由はセッティングによって音が随分と変わってくると言うこともあるでしょうし、他の機材とのいい位置関係などもいい音を出すためには必要になると言う事はエンジニアやミュージシャンの方たちにとっては腕のみせどころなど通をうならせる一品だからかもしれないですね。。

また時代の流れに乗った単なるパワード化ではなく、あくまでもトータルシステムとして使用する事でNF1Aのよさが引き立つというのも、時代に流されない名品ということになります。

~このスピーカーの情報~

もっと詳しく知りたい>

もっと詳しく知りたい>

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-モニタースピーカー特集, 特集コーナー
-,

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.