モニタースピーカー特集 特集コーナー

NF-01A

投稿日:2011/04/30 更新日:

もっと詳しく知りたい>

NF-01Aと聞いただけでは何かの商品の型番なのかな?としかわからないですね。
はたしてこのNF-01Aなんでしょうか?パワードモニタースピーカーのひとつです。
といわれても、スピーカーにも様々な種類があるので「パワードモニタースピーカー」自体ほとんどの人がわからないと思います。
音楽関係者の方にはわかっていただけると思いますが、簡単に言うとスピーカーです。音楽環境例えばデスクトップ上でのレコーディングや外部スタジオでの差アラウンドミックスなどコンパクトゆえにいろんな芭蕉で性能を発揮できる製品です。
FOSTEX社自慢のNF系で精密機械といっても過言ではない性能の良さが自慢です。
NF-1/1Aのよいところ、ニアフィールドコンセプトを徹底的に結集させた自信作と言ってもいいほどです。
スタジオモニターとしては小型で新開発13cmHPダイアフラム・ウーハーを使用し、まさにコンパクトリファレンスとしての性能を十分に出しています。
すでに多方面に渡って高い評価を得ていることをあげれば、これ以上の説明も必要がいらないでしょう。

 

忠実な再現力
 NF-01Aは小型モニタースピーカーにありがちな出力レベルを上げて再生した際のゆがみも生じにくいよう、電源部には大型トランス、ヒートシンクを使用しています。
そしてスピード感溢れる低域を実現させるためHPリフレクターを2個内臓させています。
グラスウールなどで吸音材では得る事のできない効率的な音反射を可能にしました。
そうする事で躍動感、スピード感のある低域の再生が実現できたのです。
また低音域のローノイズや音のにごりについては徹底的に排除することを実現しています。
理由として、NF-1Aと同じクラスのBi-AMP1方式のパワーアンプを採用し、ウーハー、ツイーターそれぞれにあった独立駆動を行なっているからです。
音の濁りを許さないといってもいいほどにNF-01Aは濁り排除に徹底的にこだわっています。
こうしてあげてみると濁った音とは無縁と言い切ってしまっていいくらいです。
アンプ構成部品から発生する共振でさえも排除する、エンクロージャーとアンプ部のセパレート化が「濁り」とは無縁と言い切る切り札かもしれません。

 

スポンサーリンク

NF-01Aの魅力
 魅力としては単なるスピーカー口径を変えただ小型化したパワードモニタースピーカーと違って、純粋に「小型だから多少の音の濁りやゆがみは仕方ない」ということについて妥協しないで作られたと言う点ではないでしょうか。
そのこだわりが小型パワーモニターの中でもはるかに超越された高次元のリファレンス性能を生み出したと言ってもいいでしょう。
13センチと言う小型でも大音量再生もしなくてはいけないわけですが、小さなボディにクラス最大級の大型トランスと大型ヒートシンクを採用したのもNF-01Aの魅力です。
それにより連続的に使用しても、パワーアンプのカイロ動作が常に最適な状態にたもつことができる、まさに小さな助っ人とでも言いたくなるモニタリングスピーカーです。
また、価格についてもさほど高いものではないのもうれしい魅力です。
同型のNF-1Aよりもさらにお買い得と言う点でも注目の機種となっています。
音楽を聞くと言うよりも音の確認に使用されると各音源が明確に聞こえるのもうれしい魅力です。
また、他のモニタースピーカーと合わせて使うとよりNF-01Aの魅力、音の濁りやゆがみのない音を提供でいると思います。

~このスピーカーの情報~

もっと詳しく知りたい>

もっと詳しく知りたい>

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-モニタースピーカー特集, 特集コーナー
-,

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.