MIDIを学ぶ

MIDIには幾つかのファイル形式がある

投稿日:

最も有名なファイル形式は、SMF(スタンダードMIDIファイル)だと思います。
SMFファイルは、わかりやすく説明すれば、いわゆるテキスト形式のように、ソフトの異なったMIDIのシーケンス・データに互換を持たせるファイル方式となっており、MIDIデータ制作の記録時に選択する記録方法というわけです。

このファイルのメリットとしては、Windowsマシンで製作したものであっても、Macとの互換性があるために、非常に便利なんですよね。さらにファイルの種類も存在しており、一つのトラックにまとめる「フォーマット0」、複数のトラックの「フォーマット1」がありますが、「フォーマット0」が一般に普及しています。

スポンサーリンク

確認する限りでも、市販ソフトも「フォーマット0」が多いのが現状だといえます。
SMFファイルの記録時にフォーマットの種類を選べない物も「フォーマット0」となっているので、おおよそ「フォーマット0」であると考えてもらっても問題ないかと思います。

特徴的というか、やはりファイル形式は最後(拡張子)に「.MID」を付けるわけです。
ネーミングをつけるのは基本的に英語となっていますが、ソフトにより日本語も使える場合があります。しかしながら互換性を考えると英語がいいと思います。

                            

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-MIDIを学ぶ
-

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.