MIDIを学ぶ

MIDIとは?

投稿日:

MIDIは、複数の電子楽器、例えばシンセサイザーなどですね。それらが異なるメーカーの製品であっても、連動して鳴らすことができるように作られた規格のことを言います。

またポイントしては、MIDIによって送られるのは実際の音ではないということです。
例えば、楽譜に書かれてあるような情報である発音や音の高さ、音の大きさといった楽器や音源への電子メッセージというわけです。

つまりMIDIはそのメッセージの連なりで、そのデータのサイズはオーディオデータ、つまりマイクなどで録音された実際の音の波形をデジタル化(サンプリング)したものに比べて非常に小さいのです。
しかし、同じ楽譜で演奏をしても、演奏者や楽器が異なると音が違って聴こえるように、MIDIでつながれた先の機器(音源)は取り替えられれば再生音は違ってくるわけです。
そのため、制作者の使った、音色設定を完全に一致させたMIDI音源が必要になるということです。
現在MIDIは音楽制作の現場のみならず通信カラオケ、携帯電話の着信メロディ等で幅広く利用され、電子楽器以外にも劇場の舞台照明のコントロールなどにも応用されています。
またMIDI規格の存在とパソコンの普及によって、DTMが一般化したのです。

スポンサーリンク

           

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-MIDIを学ぶ
-

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.