モニタースピーカー特集 特集コーナー

Genelec 8030A

投稿日:2011/04/30 更新日:

もっと詳しく知りたい>

スタジオモニタースピーカーはコンパクトなものが主流で、Genelec 8030Aもその例の1つになっています。
コンパクト設計で幅18.9×高さ28.5×横17.8cm で重量もなんと5.6キロと超計量サイズです。
使い易い、運びやすいとはなんとも便利な8030Aです。プロのスタジオはもちろん、自宅やワークステーションなど本当に何処にでも移動可能なモニターですね。
また音響設備、サラウンドモニタリングなどに理想的なツーウェイニアフィールドモニターシステムでもあります。MDE(ミニマム ディファレクション エンクロージャー)は緩やかにカーブを描いた前面と側面でコロンとした丸みを帯びています。
キャビネット部のエッジ回折を最小限にし、非常にフラットな高分解、高解像度な高音質を実現させました。他のGenelec8000シリーズモニターど同様、8030Aも先進のDCW(Directivity Control Waveguide)を搭載しています。
Directivity Control Waveguideとは革新的テクノロジーのひとつで直接放射型のマルチウェイ スピーカー システムの周波数特性を大幅に改善するのです。
DWCウェーブガイドが搭載されている事で、スピーカーシステムの各ドライバーの周波数レスポンスと指向性に合わせて設計されています。

 

DECの能力について
 

このDEC搭載でとても滑らかな指向特性を実現し、折れ曲がってしまったバスレフ。ポートの開口部を幅広いラッパ状にし、優れた低域をだしました。強い剛性と艶消し仕上げのアルミダイキャストで洗練されたイメージを醸し出し、さらに音響的に最適化されたパンチメタルグリルを使用しています。
こうなるとファン垂涎といったところでしょうか、コンパクトにしておしゃれなスタジオモニターは注目の的ですね。
低歪率ドライバーについてはラインレベルでクロスオーバーフィルター処理後に専用のマルチパワーアンプにより処理されます。
また、最近の音楽環境にとても重要になっている防磁仕様とオーバーロード保護回路、トーンコントロールSWが標準装備されています。
こんなに小さな体の中にこれだけの高機能が備わっているとは素晴らしいのひとことです。
なかなか防磁仕様になっていないスタジオモニターも多い中、標準装備とはなかなかの兵ですが、設置マウントについても壁用とフロアスタンド用、リアパネルの固定ねじ、など親切設計になっています。

 

スポンサーリンク

8030Aの魅力
 

また8030Aのさらに魅力と言っていいと思いますが、Iso-Pod(Isolation Positioner/Decoupler)も標準装備です。so-Podは便利なマウンドスタンドで、本体を縦に置いても、横に置いてもどちらでも変更可能になります。これを使う事で、音響軸の角度を正確にする事ができ、垂直両方向の角度調整ができるようになります。
よって、正確で理想的な音声モニターが可能になり、振動遮断をすることでさらに、不要な振動がスピーカーに伝わらなくなって、音質の濁りを抑制させてくれます。
余分な振動で音を濁らせることがないと、他の音を増殖させることもなく、さらにクリアな音に近づける一歩になり、余計な作業も不要になります。
このような色々な最新技術が搭載されている8030A、詳細を読んでいるだけで欲しくなってしまいそうですね。
また更なる、パワフルな音圧レベルや低域を増強させたいと言った場合には、同じGenelec社の製品をサブウーハーとして使ってみるとさらに音質効果が高まります。
Iso-Pod、DCWはGenelecオリジナル技術でもあり、8000シリーズについては2ウェイアクティブモニタリングシステムの設計思想最高峰でもあります。
8030Aをもし使えるとしたらこんな贅沢なスタジオモニターはないということになること間違いなしです。

~このスピーカーの情報~

もっと詳しく知りたい>

もっと詳しく知りたい>

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-モニタースピーカー特集, 特集コーナー
-,

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.