DTMテクニック ミックス論

EQの使い方をマスターすべし

投稿日:

 

EQもミックスにおいて、重要なエフェクトとなっています。ミックスでのEQの使い方としては、「余分な域をカットする」・「目立たせたい域をブーストする」とシンプルです。

なぜこの様な使い方をするのかと言うと、それぞれのパートがぶつかって、音がゴチャゴチャにならないように整理、居場所を確保させる為に行うわけです。

例えば、ベース。ベースは低域で活きるパートですよね。
もちろん、ベースのオイシイ所も低域にあるわけです。

そのオイシイ部分が、ボーカルやギターと被ってしまったらどうでしょう?

ベースの良さが伝わりませんし、ベースが不明確になってしまいますよね。
この場合、ベースの居場所を確保する為に、ボーカルとギターの低域でベースと被る部分をカットすればいいのです。また、ギターやボーカルの様な曲の色となるパートには、目立たせたい部分をブーストさせます。これで、ヌケのいい構成ができるというわけなんです。
またEQの使い方として、ピーキングとシェルビングを理解しましょう。

スポンサーリンク

・ピーキング
ある特定の周波数を中心にベル状に帯域を調整するモードです。
ピンポイントでカット、ブーストしたい時には、ピーキングを使います。

・シェルビング
ある周波数を境にして、それ以降を極端にカット・ブーストするモードです。
バッサリと思い切りよくカットする際に、よく使われます。

  

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-DTMテクニック, ミックス論
-, , ,

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.