PC講座

CPUとは?

投稿日:

まずは初心者の方の為にCPUを紹介していきたいと思います。パソコンの性能の核となるのが、このCPUという存在なんです。つまり、速くてサクサク動くパソコンが欲しいと思うのであれば、条件としては、性能のいいCPUを積んだパソコンが挙がります。
CPUの選択基準に関して説明しましょう。それは本当に簡単で、「処理速度」と「省電力性」の2点となります。速度に関しては当然速いほど良いってことは、皆様もお解かりのことだと思います。では、具体的にCPUに高い処理速度が要求される用途を紹介しましょう。

なんといっても第一に挙がるのは、DTMをはじめとして画像処理や3Dゲームが挙がると思いますね。極端に言ってしまえば、インターネットやエクセルなどの用途でのパソコンの使用であれば、そんなに速度は必要ないってことです。ミュージシャン、デザイナーなどが、高性能なCPUを積んだパソコンを使用しています。つまり、そこまで高性能を求めないのであれば、消費電力を抑えたCPUを選ぶことがいいかもしれません。最近では省電力CPUが普及してきています。
用途をよく考えて、自分なりのパソコンを選ぶようにするといいでしょう。速さを求めるのか、省電性を求めるのかを具体的にしてみましょう

続いては、クロック周波数について説明したいと思います。

スポンサーリンク

クロック周波数とは、単純にCPUの「処理速度」を表していると考えてもらって問題ありません。
つまり、このクロック周波数が高い値ほど、高性能なPCというわけなんです。一般にCPUの性能を決める要素としては様々な見解があるわけなんですが、このクロック周波数こそが、最も重視される傾向にあるんです。単純に言うと、秒単位にどれだけの計算が出来るかを表した数字って意味なんですね。ある程度、処理速度がいいパソコンでないと、いざって時の作業が効率よくできません。。
しかし、パソコン選びでの注意があるんです!実際にクロック周波数だけ見れば速度が分かるかというとそうでもないわけなんですね。(おいおいw)

つまり、同じ周波数でも処理効率の違いにより速度に差が出るケースが見つかっているんです。CPUメーカーであるAMD社のCPUには、「Athron64 3000+」といったようなモデルナンバーが付けられているわけなんですが、 実際のクロック周波数は2GHzであるのに対して、3000という数字はIntel社のPentiumの3GHzと同等の速度であることを表しているってことなんです。

もちろん、数字が高ければ、それだけ性能がいいってことですけどね。メーカー別での注意ってことです。気をつけましょう。CPUに興味がわいて、なおかつ現状の最強CPUを知りたい方は、最強CPU搭載モデルをチェックしてみてください。

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-PC講座
-, ,

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.