「DTMテクニック」 一覧

デジタルだけで固めると、薄っぺらい音に・・・

DAWもプラグインもデジタルで構成されているため、結局はデジタルだらけの作品になってしまいます。経験したことがある人が多いかもしれませんが、デジタルばっかりで作った音は確かにクリアですが、冷たく薄っぺらい感じになります。

ミックスは様々なモニターでチェックすべし!

ミックスには、本当に耳が頼りになってきます。
そんな時に、必要となるのがヘッドホンとモニタースピーカーなわけです。

全体のミックスに挑戦しよう

さて全体のミックスに移っていきましょう。
まずギターのバッキング・トラックはパンで完全に左右に振ります。

ドラムのミックスは素材による

ドラムのトラック作成は、DTMの方ならMidiの打ち込みやサンプリングCDを活用している人が多いことでしょう。

ベースのミックスは慎重に

リズム隊で、ドラムとの絡みが求められるベース。ベースは素っ気無くミックスされることが多いのですが、ベースがしっかりとミックスされていないと、薄っぺらい音源になってしまいます。

意外と知られていないギター録音の注意点とは?

現在はどんな音源でも、ギターが目立つようなミックスがされていることが多いですよね。クリーンなギターと歪んだギターがあるわけですが、歪んだギターを録音する際は注意が必要なんですね。そんな歪みギターを録音する際のポイントを紹介したいと思います。

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.