「マスタリング論」 一覧

音圧をしっかりと稼ぐ

皆様が普段聞いているCDはどれもおおよそ同じ音量ですよね。
市販CDが小さいとか大きいとか、そんなバラバラであったら、リスナーとしては困りますからね・・・。

頼りになる「サイドチェーン」機能

それではマスタリングにおいて重宝するコンプ/サイドチェーンの使い方を具体的に解説したいと思います。ドラムは不明確になりやすいので、ここではドラムを例に進めていきます。

果たしてマスタリングでも微調整は可能か?

マスタリングでは細かな調整はできないだろう・・・と思っている人が多いかもしれません。ところがそんな事はないんです。確かにいいミックスが出来ていれば、マスタリングで細かな調整をすることはないでしょう。

必ず16Bit 44.1Khzで作業すること!

大抵ミックスでの作業は、24Bitなどの高音質で作業している人がほとんどだと思います。ミックスダウンで、一つのデータとして書き出す際にあなたはサンプリングレートをどのように設定していますか?

マスタリングは決して軽視してはいけない

マスタリングは、あなたが制作した音源を完成させる作業です。
ミックスに引き続き、重要性は非常に高いといえます。

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.