DTMテクニック マスタリング論

音圧をしっかりと稼ぐ

投稿日:

皆様が普段聞いているCDはどれもおおよそ同じ音量ですよね。
市販CDが小さいとか大きいとか、そんなバラバラであったら、リスナーとしては困りますからね・・・。
さて、あなたの作った音源を市販CDと比較すると、明らかに音量が小さい・・・なんてことはありませんか?これはよく初心者の方が陥るものです。

それではどうしたらいいのか?

答えは簡単です。コンプまたはリミッターをつかって、音圧を最大限まで上げてあげるのです。
これがどういうことかわからない方も多いと思うので、次のことを試してみてください。
DAWを開いて、好きなトラックに自分の音源を。そして、違うトラックにあなたの好きなプロが製作したバンドなどの音源を置いてみてください。ここで注目するのは、それぞれの波形です。

スポンサーリンク

どうでしょう?プロが作った音源は波形がほぼ均等化されていて、波形の幅がとにかく大きい事がわかりますよね。自分の音源はどうでしょう?「プロと比べ物にならないくらいに波形がバラバラだし、小さい・・・」と思うでしょう。だからこそ、そのプロの波形をお手本に、コンプやリミッターで音圧を上げていきます。大体プロの音源の波形と自分の波形とが、同じような大きさになれば、十分な音圧が稼げているはずです。この音圧を稼ぐ時の注意ですが、必ず0dBを超えないように調整しましょう。

超えてしまうとノイズが入り、音が割れます
コンプやリミッターのアウトプットなどで調整し、確かな音圧を稼いで下さい。

 音圧を上げる為のテクニックを学べる

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-DTMテクニック, マスタリング論
-,

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.