防音室「アビテックス」の魅力

防音室アビテックスとは?

投稿日:

防音室アビテックスとは?
 

アビテックスは、ヤマハが、音を遮ることだけでなく、美しい音にこだわって開発した防音室です。
音というものは、それぞれ美しさを持っています。その音の美しさを本当に味わうためには、単に音を遮るだけではだめなのです。美しい音を心地よく感じ取ることのできるような「音の環境づくり=音場設計」が必要になるのです。音場設計とは、心地よい音の響きを作っていく技術そのものになります。ヤマハは、この技術をもとにアビテックスを作り上げたのです。
すぐれた音場とは、人に心地よく聴こえる響きを持たすことのできる音の環境です。整っていない音場では、人は不快感すらおぼえます。アビテックスなら防音と音場が整った環境を実現します。
ヤマハの防音室・アビテックスには、お客のニーズに合わせて、さまざまなシリーズを用意しています。「フリーシリーズ」は、好みの音場を自由に設計することが可能です。「ユニットシリーズ」は、防音と音場のどちらも整った空間を手軽に設置することができます。そして、不燃対応も兼ね備え、防音室の用途を無限に拡げてくれる「業務用シリーズ」もあります。
さらに、アビテックスは、すぐれた遮音性能をもち、部屋全体で防音できる、ヤマハ独自の3層構造のパネルが特徴です。

 

性能について
 

スポンサーリンク

防音の性能は、Dr等級という遮音性能を表す単位を使います。数字が大きくなるほど、防音効果が高くなります。アビテックスでは、総合的な防音処理で、部屋全体の遮音効果を発揮させており、Dr-30・Dr-35・Dr-40の3タイプの防音レベルを設定しています。
Dr-30は、ピアノの音が話し声程度になる防音レベルで、Dr-35は小さな話し声程度、Dr-40はかすかな話し声程度になります。さまざまなニーズに合わせて、防音レベルを自由に選択できるようになっているのです。
さらに、ヤマハの考える防音室とは、ただ単に音を閉じ込めるだけの空間ではないのです。逆に、人の声や楽器の音色が、歪むことなく美しいありのままの音で伝わり聴こえてくるというように、すぐれた能力を持った部屋なのです。この能力は、音場という音の環境づくり、空間の音響設計のたまものであり、ヤマハの誇る技術によって実現しました。アビテックスの作り出す快適な音場は、音の反響効果と吸音効果のバランスが絶妙な空間です。だからこそ、人の声や楽器の音色が美しい自然な音で聴こえるのです。
美しく自然な音の響きが生まれる音場、心地よい音の環境、それがアビテックスなのです。

書斎としてもOK
 

ヤマハが1989年に販売を開始した防音室「アビテックス」は、いかにも楽器のヤマハらしく、元々は家庭内での楽器演奏への対応を目的に設計されたものです。バラエティー豊富な「セフィーネⅡ」(0.5~4.3畳)、自由設計型の「フリータイプ」(0.5~30畳までの自由設計)などといったラインナップが用意されています。そのラインナップの中から「マイルームⅡ」を導入して、憧れのオーディオルームを 手に入れてみませんか。
マイルームⅡは、1.5畳でDr-35の防音レベル。リフォーム工事は一切不要で、2時間前後で組立てることができます。1.5畳とコンパクトなので、設置場所も選ばず、大人のためのプライベート空間としてさまざまに活用できます。組立て式ですから、引越しや部屋の模様替えも心配ありません。
さらに、マイルームⅡは、木目調仕上げの落ち着いたデザインなので、まさに静かで快適な書斎にぴったりといえます。
書斎とは、本を読んだり、書き物をしたり、研究をしたりするための部屋のことですが、現在では読書だけでなく、パソコンを楽しんだり、ゆったりと映画や音楽を鑑賞したいという人も多いでしょう。そんな多目的ルームは、マイルームⅡで実現できるのです。

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-防音室「アビテックス」の魅力
-

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.