PC講座

メモリとは?

投稿日:

PCにおいて、メモリというパーツも重要なんです!メモリについて、一緒に勉強していきましょう。さてそのメモリなんですが、つまりはデータの一時保管庫と考えていただけるとわかりやすいかもしれないです。パソコンにおいてCPUは、ハードディスクに保存されたプログラムやデータを元に処理する役割を持っています。そのハードディスクはCPUに対して、データの読み書き速度が遅いために、直接やり取りしていると、処理速度がハードディスクの速度に依存してしまうことになっちゃうんですね。
そこで登場するのが、メモリというわけなんです。
CPUとハードディスクの間にメモリを介してデータのやり取りを行うことで、パソコンの処理を速度を向上させているってことなんです。

スポンサーリンク

しかしメモリは電気的にデータを保持しているので、PCの電源を切ればデータは無くなってしまうんです。そう、つまりは「あくまで一時保管用」ってわけなんです。

具体的な一連の流れとしては、
1:プログラムを動かすと、高速なメモリにデータが読み込まれます。

2:CPUはメモリからデータを取り出し、処理をします。

注:メモリの容量が少ないと、一時的に読み込むデータが入りきらず、不足分を補うためハードディスクの一部を仮想メモリとして動かすことになってしまいます。
言いたいことは、いくらCPUが高性能なPCでもメモリが少なくては意味がないということなんですね。
これで、メモリの重要性がわかって頂けたかと思います。現在ではメモリも安くなってきました。うれしい限りですよね。管理人がメモリを大量に購入するときにお世話になっているショップは『valueland』ですね。メモリやパーツを最安値と宣言しているだけあって、他と比較しても易いので、ついつい買ってしまいます。自分の好きなショップを見つけるのもいいかもしれません。

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-PC講座
-, ,

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.