PC講座

パソコンの構成を知ろう

投稿日:

PCを購入しようと思っているそこのあなた!あなたはパソコンにおける知識がどれほどありますか?ある程度知識がないと、パソコンの購入・検討の際に迷うことになりますよ!(ほんとにw)そこで、パソコンの構成について説明したいと思います。パソコンの構成要素の主なものを挙げると、「ディスプレイ」、「CPU」、「メモリ」、「ハードディスクドライブ」、「光学ドライブ」、「キーボード」、「マウス」、「プリンター」があります。それでは、これらの機能を説明していきたいと思います。

・演算装置に当たるものは、「CPU」で、パソコンの頭脳に当たる部分で計算処理をします。

スポンサーリンク

・出力装置に当たるものは、「ディスプレイ」、「プリンター」で、人が認識できる形に見せるものです。パソコンが基本的に扱えるものは「0」と「1」数値です。これでは人は理解するのができないので、図や写真や文字に変換して出力します。

・入力装置に当たるものは、「キーボード」、「マウス」で、パソコンへ情報を渡すための装置です。先ほどの出力装置とは逆に文字や数値を入力してパソコンが受け取るときは、パソコンが分かる形(「0」と「1」)に変換して受け取ります。

・記憶装置に当たるものは、「メモリ」、「ハードディスクドライブ」、「光学ドライブ」で、電源が入っているときだけ貯える「メモリ」や電源を落としても貯えることができる「ハードディスク」があります。

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-PC講座
-,

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.