デモテープからプロを目指そう! 特集コーナー

デモテープに纏わるあれこれ

投稿日:

一度の失敗で諦めるな!
 

デモテープの作り方は、ソニーやフォーライフやトイズファクトリーなどに勇気を出して送ったけど返事が来ない。周りの反応はあまりよくないからやめてしまおうか?やっぱり才能がない?と思っている人はもう一度、あきらめる前に自分のデモテープをチェックしてはいかがでしょうか?音楽の内容ではなく、作り方に最低のマナーがあります。デモテープの作り方は、メジャーデビューする方法の一つがよいものを作ることです。考え方やレコーデングのコツや作成方針についです。そして何よりも聞いてくる人の立場になって、聞いてもらえる者を作ることです。

当然聴いてくれる人のことを考えなければいけないのに、この当たり前の事がなかなかわすれがちで、だめなものを作ってしまいがちです。デモテープの作り方で以下に自分の音楽がすばらしいかを知ってもらうためのもので、自分の達成感や自己満足を満たすものではありません。人に聴いてもらうことで感動をあたえるものです。

 

デモテープ作りのポイント
 

デモテープの作り方で様々なレコード会社・レーベルがデモテープを募集しています。でも、作り方が悪ければすぐ没にされてしまいます。悪いケースは「音が悪い」事が圧倒的に多いようです。別に音が悪くても、心に響く歌声であったりメロディ、展開があれば、気に留めてもらえるわけなのですが、やはり音が悪いとそこまでに通じない可能性が非常に高いのです。だからこそしっかりとしたミックスとマスタリングが必要だと思います。つまり自己満足ではいけないということなんです。しっかりとリスナーを意識して作らなければなりません。

音が小さくて聞こえないのでボリュームを上げればノイズの音の一緒に大きくなってしまいます。これはしっかりとミックス・マスタリングができていない証拠でしょう。(当サイトのカテゴリ:ミックス・テクニック、マスタリング・テクニックにて確認しましょう!)

いいものを制作して、自己アピールをしましょう。デモテープの作り方は歌手の場合はソニーなどは有名ですが、自作の曲である必要はなく、既存の有名な曲で、自分の目指すジャンルをやる必要があります。シンガーソングライターのオーディションは別ですけど、自分の実力を発揮しましょう。デモテープの作り方は、ミュージシャンが楽曲の売り込みのためにサンプルで用いるものです。

デモテープは郵送や宅配で応募する所が多いみたいです。みんなが生きてきた上で、どれだけ歌にであるでしょうか?ロック、ポップス、フォークなどデモ音源を募集してみんなに心に残る曲、人の心を掴むものを作ることで感動が残ります。

 

売り込みも重要
 

デモテープの作り方で売り込みは大切です。レコード会社のオーディション情報を探して、オーディション専門の雑誌に様々なジャンルで、掲載されていますので、自分の求めているジャンルに早速送ってみましょう。デモテープの作り方は、自分をアピールすることです。そして市販のレーコディング入門などでは、デモ制作において、初心者が陥りやすいワナを避ける方法などが掲載されています。

多くの部分では、聴く人の立場になっていないことです。自分勝手に演奏してノズルが入っていては話になりません。デモテープの作り方でライブを利用する人もいると思います。ライブを聴きに来たお客さんののりが良かったから、いいデモテープとは限らないからです。

スポンサーリンク

ライブ音源を使えば多少はいいみたいです。それぞれのアーテストの特性に応じながら、自分達をプロデュースしましょう。聴いてくれる人の立場で作ることに心がけてすばらしいものを制作しましょう。

 

健全なオーディションに参加を
 

デモテープのオーディションは将来大きな活躍する期待の新人探しです。アイドルやロックジャズやアニメなど様々なジャンルを募集していますので、自分でやりたいものににエントリーしてください。デモテープのオーデションの情報はどのように入手できるでしょうか?

雑誌で探す、ネットで探す、直接レコード会社に売り込みにいく方法などです。ここで注意しなければならないことは、悪徳業者にだまされないことです。「一次審査通過おめでとうございます。二次審査に参加するのに参加料がかかります。」このような場合は騙されている場合のほうが確立が高いと思われます。応募した後のトラブルで、掲載されていない料金を請求されたり、関係ないタレントスクールや養成所の勧誘や関係の仕事などです。もしそのような状況になりましたら、信頼おける方々に相談して解決してもらったほうがいいと思います。デモテープのオーディションで自分の目指すものを見つめて、主催者の求めているものが何であるかを見極めながら応募してください。

 

悪徳なオーディションは増えている
 

デモテープのオーディションはみんなの憧れであり、希望です。そのような中に悪辣なものもあります。インターネットの音楽サイトの掲示板などに掲載されているものの中に、「デビュー約束します」「女性限定」とか書き込みには注意したほうがいいみたいです。怪しいオーディションや事務所の誘いなどはすぐに返事をしないで、検討して色々調査してからでも遅くないと思います。デモテープのオーディションで最も気をつけなければいけないことは、騙せレていることに気が付かないことです。

一次審査に合格し、最終審査に合格してから知らせようではもう遅いのです。不信に思ったら信頼おける方に相談して解決してもらうのが一番いい方法です。「撮影料やパンフレット代を請求されたり」「CD作成費用を請求されたり」「仕事の内容が違っている」「賞金や待遇が違っていている」と様々なトラブルが起こります。デモテープのオーディションはいかに怪しいオーディションから身を守るかです。

 

人気サービスの紹介
 

デモテープのオーディションで「音のメルヘン屋」をご紹介します。まずは曲選びからです。性質などが充分に発揮でき、自分の個性をアピールできるものを選びましょう。スタジオだったら予約しなければいけません。デモテープのオーデション用を作るわけですから、何曲録りたいかを伝えて、スタジオをの時間を気ます。そして打ち合わせから録音の準備です。いよいよ録音です日頃の成果が試せれます。

うまくいかなかったら何度でも取り直ししていただけます。そして細かな音量調整です。プロの方にやっていただけます。CDを作成してくれます。そしてついに世界に一つのデモテープが完成です。これをレコード会社送ればいいわけです。

デモテープのオーデションはレコード会社や事務所やスタジオなど多数の音楽業界の会社がありますから、雑誌やネットで探せて下さい。デモテープ募集中の会社一覧がありますので見つけてください。基本的に郵送です。

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-デモテープからプロを目指そう!, 特集コーナー
-, ,

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.