DTMテクニック ミックス論

デジタルだけで固めると、薄っぺらい音に・・・

投稿日:

DAWもプラグインもデジタルで構成されているため、結局はデジタルだらけの作品になってしまいます。経験したことがある人が多いかもしれませんが、デジタルばっかりで作った音は確かにクリアですが、冷たく薄っぺらい感じになります。

DAW上からスピーカーに信号を送って鳴らしているときは、そうは感じませんが、あえて外部の機器などに接続して再生してみると、聴けたものではありません・・・。
これは管理人が最初の頃に陥った落とし穴です。エグさが出ると言えばいいのかな・・・とにかく優しいというか、暖かい感じがまったく出ないんですね。
これじゃあ、せっかく作った音源も台無しです。
そこで重宝するのが、「アナログライクなプラグイン」たちです。
結局はこういったプラグインもデジタルなわけなんですが、アナログ感を持たせてくれる役割を果たしてくれる為、DTMの人々の間で人気になっています。
アナログは本当に暖かく、音が太いので存在感が違うわけです。
現在では様々なDAWにヴィンテージ効果が得られるプラグインが装備されてきましたね。
これは本当に重宝すると思います。

スポンサーリンク

トラックにインサートすれば、すぐさま暖かく、太くなるのでわかりやすくていいですね。
管理人はWavesのRシリーズ、T-racks、Vintage Wammer2を頻度よく活用して、少しでもデジタル臭さを消すようにしてミックスしています。

もちろんデジタルのメリットを貫く時もありますけどね。 

Waves Rシリーズのバンドル

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

業界最安値!DTM機材を購入するなら「サウンドハウス」

DTM・DAW・ソフトはサウンドハウスで激安ゲット!!

-DTMテクニック, ミックス論
-, ,

Copyright© ここが知りたいDTM , 2017 AllRights Reserved.